リサイクルトナーって何?

トナーというのは、家庭用のプリンターや会社で使われるレーザープリンターなどで使われる顔料等を吸着させたとても小さな粒子です。
これを静電気を利用して吸着させ、紙に印刷します。
トナーは専用のカートリッジに入れて使用されます。
プリンターの機種やメーカーによって専用のトナーがあり、基本的には専用のトナーを使用するのが基本です。
ですが、専用の純正品は非常にコストがかかります。


トナーは消耗品で、特に会社のコピー機ではコピーをよく使用するため、トナーが大量に必要になってきます。
そこで近年は、リサイクルトナーというものを扱う業者が多くなっています。


リサイクルトナーとは、回収された使用済みのカートリッジを洗浄し、分解、修理して新たにトナーを充填して純正品と同じレベルにしたトナーのことです。
回収済みのカートリッジを再利用しているため、純正品のトナーをそのまま買うよりも断然お得に購入することができます。
通常の純正品に比べて約半額~90%オフで買うことができるため、特にコピー機の使用頻度が高い法人向けにリサイクルトナーは販売されています。
安く買うことができるため、大量に購入できトナーを切らしてしまうといった心配もなくなります。


また、リサイクルトナーは約3回から5回リサイクルすることが可能のため、リサイクルトナーを使用することで環境にも配慮でき、最近注目されています。
使用済みのカートリッジは基本的には産業廃棄物のため、家電量販店などに回収ボックスが設置されておりそこに捨てることが基本です。
そのまま処理するのは非常に難しいため、再利用することができ環境にとても優しいものになっています。

Copyright © 2014 リサイクルトナーの回収について All Rights Reserved.